子供の成長期に身長を伸ばすサプリメントランキング

MENU

子供の成長期に身長を伸ばすサプリメントランキング

お子様の伸長を気にする場合には、一度小児科に行くことをおすすめします。

 

医学的には、−2SD以下は低身長と考えられています。
早めに医師に相談することが良いのです。

 

年間の伸長の伸びが、年間に−1、55D以下の場合は注意は必要です。
この場合も小児科でのご相談にのっていただくことがよいのです。

 

しかし平均より下の伸長でも、低身長でない場合もあるのです。
子供さんにより、身長の伸びには個人差というものがあります。

 

よくあるパターンですが、低い伸長の子供さんより月日が立つことで背を追い抜いてしまうことなどあります。

 

ー2SDまでいっていなければ、現在の伸長に対して気にするほどでもない場合があるのです。

 

骨が伸びることで、身長がのびるわけです。
骨端線という軟骨の部分が膨張することで、伸長がのびる事となります。
骨の両側にある骨端線ですが、固まる時期としては男の子では17歳前後となり女の子では15際前後と言われます。

 

この骨端線を成長させて伸長を伸ばすわけなのですが、大切な要素があります。
成長には欠かすことができない成長ホルモンを、分泌させるための深い眠りは大切です。

 

栄養的には、カルシウム・たんぱく質。マグネシウム・亜鉛の栄養素が必要となるのです。

 

また骨端線に刺激を与えることも必要となりますが、そのためには運動・周囲や親御さんからの愛情も必要となるのです。

 

この様に低身長の可能性があるかと理解することが大切となります。

 

低身長かどうかと確かめることは大切となります。

 

標準的な成長かどうかと確かめるには、成長曲線の5本の曲線から調べるのです。
5本の線の内側でこれらの曲線と平行になっている、子供さんなら心配はないのです。
低身長と言われるのは、一番下の(−2SD)の線より下の時は、医師の診断を受けることをお薦めします。

 

また思春期早発症の可能線が疑われる場合もあります。
男の子では11歳以下で、女の子では10歳以下の子供さんが平行より上に向かう場合などです。
思春期早発症は、結果的に低身長となってしまうものですが、伸長の急激な伸長の伸びはあるけれども、骨の成長がとまってしまいます。

 

また成長ホルモン分泌不全の可能性が疑われる場合もあります。
この際は、だんだんと平行より下がってきている場合なのです。

 

低身長の子供さんは、成長ホルモンの分泌が弱い場合があります。
成長ホルモンの分泌効果があるのがアルギニンと言われるものです。

 

健康にも手助けをしてくれるアルギニンのサプリメントなのですが、低い伸長に悩む子供さんには効果が期待できるものです。